毛皮リフォームでお悩みのお客様質問コーナー

 

 

 

 

   

 ご質問一例

               

         毛皮リフォームのご質問

 

1 毛皮リフォームの見積もりって無料ですか?
  
  ファーサロンでは毛皮リフォームの見積もりは 無料でしています。

 


2 毛皮リフォームっていくらくらいしますか?
  
  目安となる価格ですが・・・
  ・バッグにリフォームして3万円前後
  ・ベストにリフォームして6万円前後
  ・デザイン変更は5万円から

  毛皮の種類や縫製方法で価格が変わりますので 目安として御考え下さい。 
  詳しくは、お見積もりいたします。

 


3 見積もりしたらリフォームしなくてはいけないのですか?

  加工内容や納期、見積価格を聞いて納得してから毛皮リフォームをご依頼下さい。

 


4 来店予約はしないといけませんか?

  女性毛皮デザイナー・女性毛皮職人のスケジュールもありますので、出来ましたら
  事前のご予約をお願いいたします。

 


5 ファーサロンの場所はどこですか?

  大阪の浪速区大国にあります。難波のとなりの駅です。

 


6 毛皮リフォームの完成までには何日くらいかかりますか?

  平均して40日〜60日です。

 


7 持っている毛皮の価値がわからない?

  女性毛皮職人が厳しい目で目利きしてくれるから大丈夫です。

 


8 持っている毛皮がリフォームできるかどうかわからない?

  そんなときこそ、お気軽に御相談下さい。
  女性毛皮職人があなたの毛皮の状態を丁寧に診断します。

 


9 遠くてファーサロンにいくことが出来ないのですが・・・

  申し訳ありませんが・・現在のところファーサロンにお越しいただいて、
  お客様と製品と毛皮職人・デザイナーがお話して納得していただいてから
  リフォームを進めさせていただいております。

 


10 リフォームで残った毛皮は、どうなるのですか?     

  お客様にお返しいたしております。あとから残った毛皮を利用して、
  えり巻きやバッグをお作りできます。

 


11 毛皮を大きくすることはできるのですか?     

  良く似た毛皮を探してきて必要な部分を足して大きくします。
  新しい毛皮の分料金はアップします。

 


12 どんなリフォームが出来るのですか?
 
  毛皮の状態さえ良ければいろいろなリフォームが出来ます。
  こんなこともできるの!!というような驚くようなことも出来ますよ。

 


13 失敗したことはありますか?
 
  お客様と十分な打ち合わせのうえに加工していますので 失敗はありません。

 


14 大切な毛皮を預けるのが不安ですが・・・

  ファーサロンは、お預かりした毛皮はお金より大切に扱います。

 


15 切り抜きや写真などから好きなデザインを作ってもらえますか?

  雑誌の切り抜きや写真を基に作ることは可能です。出来る限り細部まで
  写っている写真があるとデザインしやすいです。


16 支払方法は、現金だけですか?

  お支払方法は、現金のほか各種カードがご利用いただけます。 

 


17 おばあちゃんからもらった大きなサイズのミンク毛皮ですが、私の持っている
  アンゴラジャケットのデザインに出来ますか?

  特殊なデザインでなければ可能です。アンゴラのジャケットと毛皮をお持ち
  いただいて、女性毛皮デザイナーにご相談下さい。


 

 

 

 

       毛皮の知識のご質問

ラビットのジャケットを購入しようか迷っています。でもラビットの毛は抜けるから
止めたほうがいいと言われるのですが・・・?

A.ラビットの毛は「抜ける」のではなく「折れる」のです。ラビットの毛は、綿毛が
  細くなっています。また、毛の表面の摩擦力が大きいので、折れたり切れたりしや
  すいです。その為、刺し毛を抜いたり、毛の先を刈る加工を施し、ラビットの欠点
  を防ぐ方法をとっています。この様に抜き毛や刈り毛加工されたものは、ビロード状
  の薄い軽い素材に仕上がります。ラビットは、染色が容易で値段も手ごろなので、
  いろいろな製品が出回っています。
  きっとご自分に似合うジャケットが見つかるはずです。

 

 

毛皮をタンスに入れて保管していてたのですが色が変色してしまいました。なぜ変色
するのですか?

A.蛍光灯などの光線による自然劣化が一番の原因だと考えられます。毛のタンパク質
  は、強い紫外線を受けると化学変化を起こし黄色の物質を生成します。これが黄ばみ
  になります。

 

 

 

良い毛皮の選び方を教えてください

A.良い毛皮の品質の見分け方、

  1. 色がきれいで光沢があること
  2. 毛がしっとりした柔らかさがあって、皮もしなやかなこと
  3. 手触りがよくて、毛に弾力のあるもの
  4. 逆さに振ってみたとき、毛並みが揃っている感じがするもの
  5. 綿毛が密生していて、刺毛が伸びたものです。良質な毛皮は、美しい髪と
    同じです。

 

 

 

持っている毛皮を染め直したいのですが?

A.毛皮の染色方法にはいろいろ方法がありますが、一般的に最も広く行われて
  いるのは、酸性染色(高温染色)と酸化染色(低温染色)です。いずれも、
  熱を加えますので、皮が部分的に収縮したりするおそれがあり、お勧め
  できません。
  気分を変えたいのなら、リフォームはいかがでしょう。毛皮は、リフォーム
  することによって、第2、第3のスタイルを楽しむことができます。

 

 

 

毛皮からひどい臭いがして着られません。取り除くことは出来ませんか?

 

 1.風土の違いによる鞣しの違い

海外、特にヨーロッパなど乾燥地で購入した毛皮を日本に持ち帰ると、臭いが
きつくなるケースがあります。 鞣しは、その土地その土地でそれぞれの気候風土
の中で長年培われてきたものです。 そのため海外で鞣されたものをそのまま日本
のように湿潤乾燥の変化の激しい土地に持ち込んだ場合、毛皮本来の耐久性を
発揮しない場合があります。
その結果、皮の硬化、破れ、臭いなどの問題が生じます。

 

 


2.鞣し不良

毛皮は天然の産物のため、それぞれ異なったにおいを持っています。
通常は鞣しの段階で、ある程度は動物臭が取り除かれますが、無臭ということは
ありませんが、ひどく臭いという場合は、鞣し不良が考えられます。
鞣し不良とは、もともとの動物臭が除去されていないとか、皮を柔らかくする
ために加えられた脂が不良だったなどの場合です。
こうした素材そのものに欠陥がある場合は、はじめから臭いますので、徐々に
ひどくなるということはありません。

 

 


3.保管ミスによるカビの発生

買ったときは問題がなかったのに、ある日突然異臭を感じる場合は、カビによる
ものと思われます。高温、湿潤下に置いておいたため、カビが発生して臭いの
原因となっている場合です。
このように一度毛皮についた臭いを取り除くのは、難しいとされています。
海外で購入する際のリスクや保管ミスには十分気をつけて毛皮を楽しんでください。

 

 

 

     
  ・修理・クリーニングのご要望の方はコチラから →
  ・その他リフォーム料金を知りたい方はコチラから →